2010年07月05日

建物修繕計画における事前調査方法

 

IMG_0008.JPG@ タイル面の調査診断   本来、全面に足場を架設し、タイル面全部を打診棒により浮き、ひび割れ、欠損箇所の調査を実施します。費用面から足場架設はせず、診断実施者の手の届く範囲での打診棒により調査診断を行い、推定により修繕実施計画に織り込むこと事もあります。修繕実施数量は、工事完成後、その差異を実費精算することが一般的です。 

   

A 塗装面の調査診断   所定箇所において、接着引張試験による塗面劣化度の調査診断と目視によりチョーキング現象を調査実施致します。 

 

B コンクリート強度試験   所定の位置にてコア抜きを行い、コアからコンクリートの中性化進行度(標準値16.5o故これを基準として)判定し、圧縮強度試験は、シュミットハンマーにより試験を実施致します。 

  

C シーリング部調査    サンプルを採取(1〜2箇所)し成分並びに標準物性との比較による引張り応力調査から軟化度により劣化調査し、その他目視による汚れの付着、表面のひび割れ、剥離等観察により機能性、意匠等の診断実施致します。 

  

D 内壁タイル面の調査   外壁タイルの診断調査に準じます。 

  

E 内壁塗装面   外壁塗装面の診断調査に準じます。 

  

F 鉄部の塗装面調査   全て目視によります。 

  

G 電気設備の調査    共用動力盤、共用電灯盤、共用コンセント、共用部照明灯の絶縁抵抗を調査し、各戸のメーター以降は調査致しません。(実施する場合は停電させなければなりません) 

  

H 給水設備の調査    目視により、配管の被覆部、継手フランジ部、受水槽及び架台、高架水槽及び架台の錆発生、腐食度調査、被覆ラッキングの破損等調査を実施。ポンプ発停調査(Aメーター電流調査)、バルブの作動テストを実施します。  

  

I 排水設備の調査    一階の排水桝の汚泥の付着堆積状況調査、流れ状況の調査を実施致します。

  

J 防水調査   目視により、屋上、ルーフバルコニー、各戸バルコニーのひび割れ劣化箇所の調査を実施致します。

    

K 開放廊下の調査    目視により、長尺シート面の膨れ、端末剥れ等の調査実施致します。

 

L サッシ廻りの調査   シーリング調査に準じます。

posted by 防水工事・シーリング 株式会社ハラカワ at 21:41| 鉄部塗装について
2010年07月05日

仕上材付着力試験

アタッチメント外し.jpg膜厚測り.jpg中性化測る.jpg中性化液付ける.jpgタイル面コア抜き.jpgアタッチメント外し2.jpg中性化測り2.jpgコア抜き外壁.jpgアタッチメント取付.jpg 
posted by 防水工事・シーリング 株式会社ハラカワ at 22:52| 鉄部塗装について